Top >  洗車の基礎知識 >  手洗い洗車(汚れがひどくない場合)

手洗い洗車(汚れがひどくない場合)

ホースのジェット水流などを使い、勢い良く車に水をかける
  「綺麗にしましょ~」

1)まず、ホースのジェット水流などを使い、勢い良く車に水をかける。

  そうすることで、車全体についた、大きな埃や泥を流し落としちゃ
  います。

 ※これを怠ると、砂や固い埃の塊などで、洗車傷が車の塗装面に
  無数につくことになるので、必須です。

ちなみに裏テクで「バッケン」は、泡泡に泡立てたカーシャンプーを一度、全体にかけて、その界面活性成分で、埃や泥を浮かせてからジェット水流で流します。

バケツにカーシャンプーを超泡立てて作ります

2)バケツにカーシャンプーを超泡立てて作ります。
  (特に泡立ちの良いモノがお勧め)

  写真のようにカーシャンプーをホースの拡散でやると、良い感じの
  泡泡ができます。

 ※泡と界面活性剤の成分のバランスが大事。
  今まで実験した中では、イオンシャンプーが最適でした。

 

泡を乗せて、スポンジを滑らすように洗いましょう
 「泡泡泡泡~」

3)全体を洗うのだ!

  しかし、強く擦っちゃ駄目!泡を乗せて、スポンジを滑らすように
  洗いましょう。

  強くこすっちゃうと、それが原因で洗車傷とかついちゃうから
  ご注意を。

 

カーシャンプーの泡を水で流し落とします
  「シャワーでできる虹がきれぃ~」

4)間髪入れずに、カーシャンプーの泡を水で流し落とします。

  通常、カーシャンプーなどは、水で薄めているためにその洗浄成分
  が、塗装面に悪影響を及ぼすことはありませんが、乾いてくると
  水が蒸発して成分濃度が濃くなります。

  濃くなりすぎると、シミの原因になる場合も考えられますので、
  すばやくシャンプーを流しましょ(^○^)

クロスで拭き取り
 「綺麗に拭きましょ~」

5)シャンプー洗車だけで終了の場合。

  このままクロスで拭き取り!

  (洗車で雑巾は使用不可!繊維をループ上に編んでいるため、
  洗車傷量産の危険性大)

 

 ・洗車後にコーティングをする場合は、<カーコーティング編>
  進んでね(^○^)

 ・どうも塗装面にザラザラ感が・・・って人は、<鉄粉除去編>
  進んでね(^○^)

 ・水垢が残ってて気になる人は、<水垢落し編>に進んでね(^○^)


【 知らずに買うと損をする。中古車選び 裏の裏!】← あなたの知らない情報がこの中に(;^_^A

 <  前の記事 基礎中の基礎(まず最初に読んでください)  |  トップページ  |  次の記事 水垢 洗車  >