Top >  洗車の基礎知識 >  基礎中の基礎(まず最初に読んでください)

基礎中の基礎(まず最初に読んでください)

洗車方法を1から説明

洗車の前の 下準備!

(1)車は熱いまま、洗車してはいけない!

    走行直後のボンネットや、日の光をたっぷり浴びて高温になった車の塗装表面の温度は、
    熱された鉄板です。

    当然、そこにシャンプーやクリーナーなどの液剤をかけてしまうと、すぐに水分が蒸発し、
    シミなどを作る原因になりかねません。

    車は、洗う前に水などをかけて冷やしたり、しばらく日陰で温度を下げてから洗車しましょう。

(2)できれば、日陰で洗車しましょう。

    上記(1)の理由と同じで、表面温度が熱くなる状況での洗車は×!

    それに、夏などは熱中症の危険性もあるから、やっぱり日陰で洗車 or 曇りの日に洗車 or 
    夕方洗車 がベターですね。

(3)道具は、しっかり準備しましょう。

    車を洗車する時に、基本的に必要なモノ(カーシャンプー、コーティング剤、シャンプー用スポンジ、
    拭き取り用のクロス、バケツなど)     ・・・>洗車用品の詳しい解説はコチラ

    特に雑巾は使用しないでね。固くなった繊維、ループ上に編んである繊維のせいで、
    ゴミなどが雑巾内部に閉じ込められ、その固さで、洗車傷を量産する原因になることもあります。

    洗車には、専用の柔らかい直毛クロスを使いましょう。 ・・・>洗車用品の詳しい解説はコチラ

 

トップページ  |  次の記事 手洗い洗車(汚れがひどくない場合)  >